【シャニマス】最高にエモいゲームと計算機の話

2019年11月5日

シャニマス…最近始めました。

このゲームは楽しいですね、アイドルも可愛いし物語としての完成度も高い。
そしてゲーム難易度調整も良くできていると感じます。

さらにはガシャでプロデュースSSRアイドルを引くと実質6000石バック、プロデュースSRアイドルでも実質3000石バックときたもんだ。
これはもうデレステで有名な3000円払ったら無料で10連引けるを遥かに凌駕している。

3000円払って10連引いたら6000円戻ってくる。

引き運次第ではもっと戻ってくる。しかも最高にエモいコミュまで見れてしまう。アドの塊。

ただしこの実質6000石バックには条件があります。
それはアイドルをW.I.N.G.で優勝させてTrueEndを見ることです。
分からない人は調べてみてね

このW.I.N.G.で優勝することがゲームを始めて一番最初にぶつかる壁になります。
特にサポートアイドルが整っていない状態だと火力でゴリ押すこともできず、得意流行のトップアピールと他流行のラストアピールを狙ってみたり色々試すことになります。
全部のアピールをPerfectで出し続ければ良いゲームではないのです。

このラストアピールを取るにはライバルアイドルがどの程度の火力どの順番どの審査員にアピールするか分からないとただの運ゲーです。

それを解消するための計算機を用意しました。

 

計算機

W.I.N.G. 計算機

このツールはライバルアイドルの行動順、アピール対象、アピール値を計算します。
どうしてもこのオーディションで勝ちたい!という時に今のタイミングでどの審査員どの判定を出せばラストアピールが取れそうなのかを探るために使います。
もっと言うとラストアピールを1位のライバルアイドルに取らせずに他に取らせることで自分を2位以上にするという立ち回りでも使えます。

 

シーン

ここまでで使い方や使うケースが分かる方は以下は飛ばしてOKです。

例えばアイドルA、アイドルB、アイドルCと自分が居たとします。
審査員は残り2人で残りの必要アピールは共に1000。
アイドルAはPerfect、アイドルBはGood、アイドルCはNormalと表示されている。
流行1位の審査員にPerfectを出せばラストアピールは取れるが自身のアイドルメンタルはボロボロでPerfectは針のように細い…
Goodなら安定して狙うことができるがGoodではPerfectを出しているアイドルAに先に行動されて流行1位のラストアピールを取られるかもしれない。
そんな場面が多々あります。
しかしアイドルAが流行2位を狙うことが分かっていれば安心してGoodで流行1位にアピールすることができます。
それを覚えるのが最初は難しいので計算するツールを用意しました。
それがW.I.N.G. 計算機です。

少しでも多くのアイドルのTrueEndを見てエモの海に沈んでください。